会社ロゴ ヤマゴ建設株式会社
インフォメーション オンライン見積もり 実績紹介 アフターサービス

会社案内
会社概要   会社方針   沿革   登録機関のご紹介

登録機関のご紹介

JIO(ジオシステム) リフォームマジック
JIO オフィシャルサイトへリンク

あなたなら、ごちらを選びますか?
JIOでは住宅登録された物件を長期にわたり保証する、万全のサポート体制を整備し「安心の住まい」を実現します。

お客様と同じ視点に立って、住宅を建築基準法または住宅金融公庫共通仕様書、JIOの設計施工基準をクリアしているかどうか専門の訓練された検査員が検査します。

Merit1 4回もの厳格な検査を実施します。
基礎の着工から完成までは、数ヶ月かかります。当然1〜2回では重要な所は見切れません。各工程別に瑕疵(問題)が起きないよう、後で見えなくなってしまう部分や大切なポイントを中心にプロの検査員がお客様に代わり検査を行います。チェックシートに添って確認しますので漏れがなく、もちろん合格しなければ次の工程へ進めないので安心です。検査コースによってはJIOから直接、検査の流れや内容・報告の仕方などを説明するビデオを送付致します。(コースはビルダー様にお問い合わせください。)
 
Merit2 保証延長で住宅の価値を継続できます。
国の定めた「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(以下、品確法といいます。)では、新築後10年間、保証を義務づけていますが(主要構造部と雨水の侵入を防止する部分)、JIOでは10年後、点検(有料)を実施し延長することができます。不合格となった場合でも必要なメンテナンス(有料)をして再検査(有料)に合格すれば延長することができます。
図
 
Merit3 途中で売却しても保証は継続。
お住み替えなどで、ご自宅を売却しなくてはいけない時もJIOの保証書が発行された住宅は、「保証付き住宅」として付加価値を付けてご売却ができます。
 
Merit4 万一、建築会社が廃業、倒産しても安心。
10年という長い間に、建築会社が廃業・倒産したらどうなるのでしょう。一般的にはその時点から保証をうけることはできなくなります。また、第三者の保証があっても保険会社や保証機関の多くがお施主様からの一定割合の負担を求めています。多額の補修費用がかかる大きな瑕疵(問題)をJIOはしっかりサポート。万一のときでも、お施主様の負担を求めません。

※保証の対象は品確法で定められた、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分です。
 
Merit5 住宅金融公庫100万円特別加算。
住宅金融公庫から融資を考えているお施主様には100万円の特別加算もご利用頂けます。中立な第三者機関として検査の内容や保証内容を認められ、JIOが検査して合格し保証した物件であれば割増融資が受けられます。
 
Merit6 金融機関の金利優遇。

JIOの保証を受けた住宅は下記の銀行で0.2〜0.4%の優遇ローンがご利用頂けます。(詳しくは各金融機関でお問合せください。)

銀行各種

PAGE TOP

JIOシステムのご紹介 地盤調査、そして4回の現場検査を通し、「欠陥のない住まい」を実現します。
JIOの検査・保証コース(瑕疵保証コース)
最初にすべての現場の地盤検査を実施し、建築後に不同沈下などの欠陥が発生しないような基礎の仕様を決定します。着工したら、基礎の鉄筋などを検査する「基礎配筋検査」、屋根や壁を支える土台や柱などが図面通り施工されているかを検査する「構造体検査」、断熱材や壁内の防水処理を見る「外装下地検査」、外壁のコーキングやベランダなどの防水処理を中心に検査する「完了検査」の4回の現場検査を実施。欠陥住宅の発生する隙をつくりません。



Inspection1 地盤検査 まずは足元をしっかりチェック!
瑕疵(問題)を防ぐには、まず足元をしっかり安定させることが大切です。
まず、地盤に適合した基礎の仕様を決定するために、最初にすべての現場の地盤調査を実施します。
建築後に不同沈下などの重大瑕疵が発生しないような基礎仕様を「基礎仕様計画書」として報告・提案します。
地盤検査 流れ図
   
Inspection2 配筋検査 基礎コンクリートで見なくなる前に!
建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかをチェックします。 配筋検査
   
Inspection3 構造体検査 一級建築士が構造体をしっかりチェック!
主要な構造部をJIO社員または専属の一級建築士が細かくチェックします。家を支える柱や耐久壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋交い」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか(木造在来工法の場合)、など通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。 構造体検査
   
Inspection4 外装下地検査 防水を主に見る検査です!
外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の侵入を防ぐ部分を主に検査します。また、断熱性を左右する断熱材が図面通りに使用されているかなどをチェックします。 外装下地検査
   
Inspection5 完了検査 雨水の侵入箇所をチェック!
雨水の浸入を防ぐため、外壁が防水処理されているかやバルコニーが設計通りになっているかをチェックします。室内のフローリングやキッチンなどの設備チェックではありません。
   
合格するまで次の工程に進めません


JIO会社概要
  ●社名   株式会社 日本住宅保証検査機構
(略称/JIO:Japan Inspection Organization)
  ●代表者   代表取締役社長 大塚 敬助
  ●資本金   5億円
  ●本社   〒135-0001 東京都江東区毛利1-19-10
江間忠錦糸町ビル1F
      TEL:03-3635-4143 FAX:03-3635-4179


PAGE TOP
JIO(ジオシステム) リフォームマジック

 
カナディアンクラブ(お客様専用) 個人情報保護方針について お問い合わせ YAMAGO
Copyright Yamago kensetsu All Rights Reserved